創立50周年記念事業(平成24年)

創立50周年記念式典

 平成24年10月20日、桜井市民会館において創立50周年の式典を開催しました。歴史ある「磐余の地」に桜井商業高等学校の校舎が創設されて50年という歴史を刻んできました。平成17年には、志貴高等学校と統合して、新たに奈良情報商業高等学校が生まれました。

50th-1

 式典の最初に森村孝学校長が式辞を述べました。桜井市長や県および桜井市教育委員会、各県立学校長奈良情報商業育友会、そして桜井商業、志貴高校、奈良情報商業の同窓会など多くの来賓をお迎えして、壮麗な雰囲気で式典は始まりました。

50th-2

 続いて奈良県教育委員会教育長、冨岡將人様より、ご祝辞をいただきました。桜井の古代の歴史と本校創立との関わりについてわかりやすく解説していただいた後、ビジネスと情報という先端の学びができる本校に対して励ましの言葉をいただきました。

50th-3

 第1部の最後には、この式典の実行委員長でもある亀甲安雄同窓会長より謝辞がありました。桜井商業創立時の様子や、そこで学ぶ生徒の熱い思いを話され、式典にご出席いただいた来賓の方々を始め、会場の皆様に感謝の意を述べられました。

50th-4 50th-5

 第2部では、生徒による構成詩や演奏が行われました。構成詩は30名の生徒による群読で行われ、その中では、桜井商業と志貴高校の創立時の様子や当時の生徒の思い、先輩達の学校を愛する気持ちが語られ、会場で聞いていた両校のOBの方々や来賓の方々の胸を打ちました。また奈良情報商業編では、在校生の未来に向けた決意を詩に表しました。吹奏楽部は、構成詩を受けて両校の校歌を心を込めて演奏し、構成詩の披露にに華を添えてくれました。

→クリックで第2部「群読と演奏」ビデオをご覧いただけます。

50th-6

 そして式典の最後に、生徒会長の中井智也君から生徒を代表して「喜びの言葉」が披露されました。中井くんはこの中で、両校の先輩の思いを受け継ぎ、奈良情報商業が益々発展するよう、学校活動や勉学に励むことを誓いました。
 50周年式典を機に、今後も生徒、職員ともにより一層教育活動に努力・精進いたしますのでこれからも宜しくご支援、ご協力をお願いします。

ページ上部へ戻る
Copyright ©  奈良県立奈良情報商業高等学校 All rights reserved.